福井県敦賀市の市立保育園の元保育士の男が10歳未満の女児2人にわいせつな行為をしたなどとして逮捕、起訴された事件を受け、市は5月31日、市立10園の園児が使用する部屋にモニターカメラを設置すると発表した。市は「二度と起こさないよう、隙をつくらないため」と説明している。10月にも運用開始する。

 元保育士の男は女児2人にわいせつな行為をし、動画を撮影したとして、強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)罪に問われ福井地裁で公判中。

 市によると、1部屋1台ずつ計67台を設置する。部屋の構造に合わせ、360度カメラか広角カメラとし、事務室でモニターする。録画もできる。

 31日に発表した補正予算案に2289万円を計上した。渕上隆信市長は「カメラを設置することにより、問題行動を抑止できると考えている」と述べた。

保育園に1部屋1台ずつモニターカメラ設置 敦賀市、保育士わいせつ事件受け

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1328357

逆に児童たちもずっと覗かれてる状態なんだな、こうなると

「好きあらば大人は子供に牙剥く生き物です」って子供たちに言ってるようなものだよね、対策難しいとは思うけど。とりあえず”大人への信頼”という概念はこれで消えたね