「娘は0歳の頃から斉藤医院がかかりつけだった。逮捕まで何度も通い、祖母も信頼を寄せていました。私も検診でたびたび世話になってきました。被告は物腰柔らかく、すっかり騙されていました……」(被害者母親の調書)  長年、家族で世話になっていた、地元のかかりつけ医院。その医師が病室で行なっていたのは診療行為ではなく、わいせつ行為だった。信頼を寄せ、同院に通い続けてきた被害者やその家族の衝撃は大きかった。

 守屋仁布被告(逮捕時67)は、東京都荒川区の『斉藤医院』に勤務する内科医だった。院長で小児科医の妻をもち、過去には荒川区医師会の副会長も務め地域医療に貢献してきた。だが約30年にわたり、患者にわいせつ行為を続けてきたという裏の顔を持つ。

診察や検査を装い、ときに難病の疑いをちらつかせるという手口で、若い女性患者をターゲットにしてきたのだ。診察を受けた女性が不審に思い、警察に相談したことで犯行が明らかになった。  19年11月におこした準強制わいせつ容疑で逮捕され、最終的に未成年を含む8名に対する強制わいせつ、児童ポルノ法違反などで起訴された。

2020年12月に東京地裁で開かれた公判では、わいせつ行為の際に動画や写真を撮影していたことも明らかになった。守屋被告は当初、「治療行為の一環としてやっただけ」と容疑を否認していたが、公判では起訴事実を認めている。  

冒頭陳述によれば、以前から治療と称し、若い女性の陰部を触るなどしてきたという。今回の被害者らに対しても同様で、このうち発熱などを訴えて受診した少女には、重大な疾患の可能性を匂わせ、診察時間外に呼び出していた。 「性病の可能性があり子供が産めない体になるかもしれない。治療には50万かかるが、誰にも言わずに来たら、タダで診てあげる」  こう守屋被告に言われ、少女は家族にも言えず、治療と称したわいせつ行為に一人耐え続けていたのだ。  

また別の被害者には、診察後、難病指定されている病名を告げ、継続診療を薦めたりもしてきた。「医学的専門用語や図表を用い、患者や家族にうその説明をしていました」(被告人質問での発言)という。  

起訴事実を認めるにあたり、守屋被告は過去30年間におよぶわいせつ行為をリストにして捜査機関に提出している。このリストや、押収されたハードディスクに残る動画像データから、彼による“医療行為と称したわいせつ行為”の被害者は8名だけではないことがわかる。

「ストレスのはけ口としてこういう行為をしました」

 もともと守屋被告は外科医としてある病院に勤めていた。ところが10年以上前に患者を盗み撮りしたことが発覚し、別の病院に移ることとなる。その後「人間関係がうまくいかず」(被告人質問より)、小児科医である自分の妻が院長を務める斉藤医院で、内科医として勤務することになったのだ。  

30年にわたり、患者にわいせつ行為を続けた救いようのない医師である。とくに、長期にわたり被害にあっていた女性が2名いたことも判明している。だが女性のひとりが結婚したことなどで、一度は犯行をやめていた。が、その後、犯行を再開したという。

公判では、その理由を“ストレス”だと明かしている。 検察官 「再開したのはなぜ?」 被告 「ストレスが原因です。ストレスのはけ口としてこういう行為をしました。大学病院時代は、教授を目指していましたが、斉藤医院に移ったこと、私にとっては外科医ができなくなると……これ、ものすごく大きなストレスでした」  2014年から犯行はエスカレートし、同時に複数人の女性に対して犯行に及ぶようになったというが、この理由も「外科ができないこと、大きなストレス」と、すべて“専門だった外科から離れたこと”によるものだと述べている。  

犯行を収めた動画や画像を、被告は『コレクション』として被害者ごとにフォルダ分けし、鑑賞したり、加工するなどしていたことも明らかになっている。白髪混じりの天然パーマヘアに、グレーのスウェット上下を着た被告は落ち着いた口調で解説した。 「元々外科をしていた時、記録として写真や動画を残していました。手術の写真や動画は違法なものではありません……。手順や結果をその記録と一緒にしていました。日常的な習慣、今回は犯罪ですが、記録として、コレクションとして残しておこうと……。これら一部の写真を加工して使っていたりしました。被害者の写真に……まぁ……解剖の術後写真を貼り付けたり、風景の写真と組み合わせて加工したりしていました」

被害者家族の憤り

 そもそも被告は斉藤医院に移る30年前からこうした行為を続けている。“外科を離れたことによるストレス”という犯行理由はにわかに信じ難い。

かつてわいせつ行為を続けていたある患者が「ぷっつりと診察に来なくなった」ことについて問われた際には、「不安に思ったことがあったが、そこまで大きなことにならないだろうと。やめようとは思わなかった」と証言している。この言葉からは、緻密な嘘の積み上げにより、犯行が露見することはないと自信を持っていたことがうかがえる。  被害者の心の傷が癒えることはない。

法廷では、被害者代理人が次のように述べている。 「事件にあった直後は気持ちを消化できず、医院の前を通ると記憶が蘇った。人に被害を言えなかったのは、自分だけがそう思っているのかもしれないということと、家族が逆恨みされるのではという恐怖でした。そのため心に止めると決めていました。2020年になり、警察から連絡が来て、被告のやったことが犯罪行為だとわかり、私の被害妄想ではなく本当に被害にあっていたんだと知りました。母はずっと自分を責めています。泣きながら『辛い思いをさせてごめんね』と謝ってきます。どうして被告ではなく母が謝るのか……家族も被害者です」(被害者代理人による陳述)  苦しんでいるのは被害者だけではない。ほかの被害者女性らの家族も、こう明かしている。 「娘が幼稚園の頃から斉藤医院にお世話になっていて、当時、まだ中学生だった娘の診察に付き添いました。カーテン一枚隔てた場所で娘は被害に遭っていた。どうして気づいてあげられなかったんだろう……。娘は何ヶ月かして、布団から起きて来なくなりました。大粒の涙を流し『行きたくない、胸を触られた』と聞かされました。どんな気持ちで過ごしていたか。誰にも相談できず絶望的な気持ちだったと思う。医師として信頼していただけに私自身もダメージが大きい」(被害者Gさんの母による陳述) 「逮捕を知り娘に連絡すると街中で過呼吸になった。帰宅後二人で話した。娘は自分が被害者だったという衝撃よりも、病気ではなかったという安心が大きかった。嘘の病名を告げられ『たぶんこの病気ではないか』などと言われることがどれだけの恐怖か」(被害者Bさんの母親による陳述)  

事件後、守屋被告は妻から離婚を言い渡され、子供たちとも縁が切れた。現在、斉藤医院は閉院している。情状証人として出廷した医師の実兄も、出所後に面倒を見る気はないと証言している。 「私の住んでいる地域は狭く、弟が医師をしていたことも皆知っている。同居して、医師ではないとなると、弟の起こした事件を宣伝するようなもの。とても同居は無理です」  医師免許も家族も、全てを失った守屋被告。今年1月に懲役10年の判決が言い渡されたが(求刑懲役13年)、のちに控訴している。

高橋ユキ(たかはし・ゆき) 傍聴ライター。福岡県出身。2006年『霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記』でデビュー。裁判傍聴を中心に事件記事を執筆。著書に『木嶋佳苗 危険な愛の奥義』『木嶋佳苗劇場』(共著)『つけびの村  噂が5人を殺したのか?』など。

30年にわたり“わいせつ診療”を行った医師 法廷で語ったあり得ない“犯行動機”

https://news.yahoo.co.jp/articles/8b749e8ac64ed249899287afa345ec9c96fc1143?page=1

わいせつ行為してる自分の映像にドン引きはしなかったのかな?

人生のほぼ半分、犯罪行為って凄まじいね