東京・葛飾区で当時3歳の長男を殴ってけがをさせたなどとして、母親と元交際相手が傷害の疑いで逮捕されました。
長男はこれまで意識不明の状態になったり、腕を骨折したりしたことがあり、警視庁は虐待が繰り返されていた疑いがあるとして調べています。

逮捕されたのは東京・葛飾区の風俗店従業員、沖間友紀容疑者(26)と元交際相手で横浜市泉区の風俗店従業員、向山純貴容疑者(26)です。
捜査関係者によりますと沖間容疑者はことし1月、自宅のアパートの部屋で当時3歳の長男の顔や足を殴ってけがをさせたとして、また、向山容疑者は去年3月、同じ長男(当時2)の耳を引っ張るなどしてけがをさせたとして、ぞれぞれ傷害の疑いが持たれています。
ことし1月、長男が意識もうろうとなった状態で病院に運ばれ、通報を受けた警視庁が虐待の疑いがあるとして捜査していました。
また、以前にも腕を骨折していたことがあり、通っていた保育園の保育士が区の担当部署に連絡していたということです。
警視庁は虐待が繰り返されていた疑いがあるとして、詳しいいきさつや当時の生活状況を調べています。
警視庁によりますと、沖間容疑者は容疑を認め「トイレのドアを足で閉めたので注意したがやめないのでたたいた」などと供述しているということです。
また向山容疑者は「けがをするほどは耳を引っ張っていない」などと
供述しているということです。

■虐待か 母親と元交際相手逮捕

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200814/1000052704.html

最悪すぎる

ちゃんと保護されてほしいです…